営業時間:
9:30~19:30(時間外もご予約頂ければ対応可能です。お気軽にご連絡下さい。)
  • 西鉄久留米
    :0942-27-6363
  • JR久留米
    :0942-64-8800
  • ウィズザライフ管理
    :0942-27-6510

久留米の賃貸・不動産情報はウィズザライフ > WITH THE LIFE 西鉄久留米のスタッフブログ記事一覧 > リノベーション済み賃貸物件とは?メリットとデメリットをご紹介

リノベーション済み賃貸物件とは?メリットとデメリットをご紹介

≪ 前へ|不動産相続における現物分割とは?現物分割のメリットとデメリットを解説   記事一覧   求職中でも賃貸物件の入居審査に通るコツとは?諦めないで対策しよう|次へ ≫

リノベーション済み賃貸物件とは?メリットとデメリットをご紹介

カテゴリ:賃貸コラム

リノベーション済み賃貸物件とは?メリットとデメリットをご紹介

「リノベーション済みの賃貸物件」は最近人気の物件ですが、実際に住んでみて感じるメリットとデメリットまで把握している方は多くありません。
そもそもリフォームとリノベーションは似ているけれど、それぞれどんな意味があるのかご存じでしょうか。
この記事では賃貸物件をお探しの方のお役に立てるよう、リノベーション済み物件についての情報をわかりやすくまとめました。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

リノベーション済み賃貸物件とは

リノベーション済み賃貸物件とは

リノベーション済みの賃貸物件とは、築年数がある程度経過した建物にリノベーションをして、新しく生まれ変わらせた賃貸物件のことを指します。
リノベーションとは、今までの部屋から新しく空間を再設計、再構築することです。
どの部分を工事すればリノベーションと言うかなどの決まりはありませんが、一般的には部屋の大部分に大掛かりな工事を施し、以前の状態よりも大きく性能や見た目を向上させることが多いです。
具体的な例としては、建築当初ではなかったような断熱材や耐震補強など、最新のものを取り入れて、建築当初よりも良い状態にすることも多々あります。
部屋の雰囲気をおしゃれに変更する、今時のニーズに合った間取りに変更するなどもリノベーション済み物件ではよくあります。
リノベーションによってさまざまな付加価値を生み出し賃貸物件の価値を高めることで、より多くの方が住みたいと感じるような部屋にしているのですね。

リフォームとリノベーションの違い

実はリフォームにもはっきりとした定義は存在しないので、リフォームとリノベーションに厳格な違いはありません。
しかし一般的には、リフォームはリノベーションより簡易的な工事に対して使われることが多い言葉です。
リノベーションでは部屋全体をがらっと変えることが多いのに対し、リフォームでは老朽化したところを部分的に改修するイメージです。
具体的には壁紙を貼り替えたり、畳をフローリングにしたりするようなことが多いです。
賃貸物件に入居する方が入れ替わるたびにおこなわれる原状回復や修復も、リフォームの一部と言って良いでしょう。
そのため、リフォーム済み物件というと部屋の雰囲気は以前とあまり変わらないこともありますが、リノベーション済み物件というと部屋の雰囲気から性能まで大きく改善されていることが多いです。

リノベーション済み賃貸物件に住むメリットとは

リノベーション済み賃貸物件に住むメリットとは

このようなリノベーション済みの賃貸物件を選ぶメリットはたくさんあります。

室内がきれい

リノベーション済みの賃貸物件は、たいていの場合築年数がそれなりに経過している場合が多いため、建物の外観には古さを感じるかもしれません。
しかし室内がリノベーションされていれば、部屋は驚くほどきれいで、新築のような居心地の良さを感じるでしょう。

相場より家賃が安いことがある

きれいな部屋に住むためには、それ相応に高い家賃を支払うことになりますが、リノベーション済みの賃貸物件であれば新築並みにきれいな部屋に割安で住めることが多いです。
室内のきれいさは同等でも、新築の賃貸物件と比べるとリノベーション済み物件のほうが月々の出費を抑えられるでしょう。
同様に、同じ広さの賃貸物件であっても新築や築浅の物件よりも家賃が抑えられ、お得感があるでしょう。

デザイン性の高い物件が多い

新築物件や築数年の物件であれば、大多数の方に嫌われないようにシンプルな作りの部屋が多い傾向にあります。
しかし築年数が経っていても、リノベーションという付加価値で人気の物件にしたいという考えから、デザインにもこだわった物件が多いのもリノベーション済み物件の特徴です。
ときには個性的なデザインの部屋もあるので、特別な部屋に住みたい方にもおすすめです。

最新の設備が使える

リノベーション済みの賃貸物件では、部屋のデザインだけでなくキッチンやお風呂などの設備も合わせて新しくしていることが多いです。
そのため、低い家賃でありながら最新の設備を毎日使うことができるのです。
新しいものは使いやすく見た目が良いだけでなく、掃除などのお手入れも楽になっていることが多いので、日々のちょっとしたストレスも軽減されるでしょう。

古民家やレトロな物件に気軽に住める

築年数が経っている古民家やレトロな建物に興味はあるけれど住みにくそう、と心配な方でも、リノベーション物件であれば気軽に住むことができます。
リノベーション済み賃貸物件でも外観はレトロな雰囲気をそのままに残していることが多いので、歴史ある雰囲気は感じつつも、室内では最新の状態で快適に過ごすことができます。

契約後すぐ住むことができる

リノベーション済み物件は他の賃貸物件と同様に、契約が完了すればすぐに住み始めることができます。
もし購入した家を自分でリノベーションするのであれば多額の費用がかかりますし、数か月の工事期間を待たなければいけません。
賃貸物件であればそのような心配はいらないので、リノベーションに興味がある方がお試し感覚で住んでみるのも良いですね。

リノベーション済み賃貸物件に住むデメリットとは

リノベーション済み賃貸物件に住むデメリットとは

このようにメリットがたくさんのリノベーション済み賃貸物件ですが、デメリットもありますので一つずつご説明します。

耐震性に不安が残ることもある

リノベーション済み賃貸物件では築20年や30年以上も経過している建物も多く、耐震性に不安が残る場合があります。
1981年に現在とほぼ同じ耐震基準が設定されたため、それ以前に建築された建物は旧耐震基準に則って建てられたものです。
1981年以降の新耐震基準では「震度6~7の地震が起きても建物が倒壊せず、震度5の地震であれば軽度の損傷しか起こさない」と決められていますが、旧耐震基準では「震度5の揺れで建物が倒壊しない」となっています。
今後も大きな地震が予想される日本において、旧耐震基準の建物では絶対安心とは言えません。
1981年以前に建てられた物件に住む場合は、新しい基準での耐震検査を受けているかなどを注意深く確認したほうが良いでしょう。

電気容量が足りないこともある

昔と比べて現代はより多くの電気を使う生活になっています。
そのため、過去の基準で十分だと思われていた30A以下の電気容量では、今は不足を感じることがあります。
建物全体での電気容量が決まっているため、その点はリノベーションしても変えることができません。
実際に住んで電気容量の不足を感じたら、消費電力が多いものを同時に使うことは避けるなどの工夫が必要です。

配管のにおいが気になることもある

配管の工事をするためには建物の基礎からの大掛かりな工事が必要となり、交換できないことも多いです。
そのため、リノベーション済みできれいに整えられていても、古い配管からにおいを感じたり、劣化による配管のトラブルが起きたりすることもあります。

構造上変えられない部分もある

現在の建物ではなるべく段差をなくすように作られていますが、古い建物だと玄関やトイレ、部屋の入り口などにちょっとした段差が作られていることが多いです。
他にも部屋と部屋の仕切りが低いなど、今の住宅とは違うけれど変えられない部分も多々あります。
毎日の暮らしでストレスに感じないかどうかを内覧の際にチェックしておきましょう。

まとめ

リノベーション済み賃貸物件とはなにかをリフォームとの違いからご説明し、合わせてメリットとデメリットについても解説しました。
なかなか希望に合う部屋が見つからない場合は、リノベーション物件を含めた古い築年数のものも候補に入れてみると選択肢が大きく広がります。
気になる方はぜひ実際に部屋をご覧になって、ご自身に合っているかどうかを見極めてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産相続における現物分割とは?現物分割のメリットとデメリットを解説   記事一覧   求職中でも賃貸物件の入居審査に通るコツとは?諦めないで対策しよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • instagram
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • アクセスマップ
  • 更新情報

    2020-07-24
    【店休日のお知らせ】
    誠に勝手ながら社員研修のため下記の期間、休業とさせていただきます。
    お客様やお取引業者様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
    ■8月4日~8月6日まで休業。
    8月7日(金)9:30より通常営業

    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    WITH THE LIFE 西鉄久留米
    • 〒830-0032
    • 福岡県久留米市東町38-25
      丸忠ビル2F
    • TEL/0942-27-6363
    • FAX/0942-27-6364
    • 福岡県知事 (1) 第19225号
      国土交通大臣(1)003466 ウィズザライフ管理株式会社
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


ADC小郡ラシュレ

ADC小郡ラシュレの画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
福岡県小郡市小郡1537-4
交通
西鉄小郡駅
徒歩10分

ラコント西鉄久留米【キャッシュバック対象物件】

ラコント西鉄久留米【キャッシュバック対象物件】の画像

賃料
9.8万円
種別
マンション
住所
福岡県久留米市天神町153-3
交通
西鉄久留米駅
徒歩4分

ST.HILLS(エスティヒルズ)【キャンペーン対象物件】

ST.HILLS(エスティヒルズ)【キャンペーン対象物件】の画像

賃料
5.8万円
種別
アパート
住所
福岡県八女市鵜池217
交通
羽犬塚駅
徒歩40分

ST.HILLS(エスティヒルズ)【キャンペーン対象物件】

ST.HILLS(エスティヒルズ)【キャンペーン対象物件】の画像

賃料
5.9万円
種別
アパート
住所
福岡県八女市鵜池217
交通
羽犬塚駅
徒歩40分

トップへ戻る

来店予約